インドご夫妻のオメデタ

職場のインド人研究者の奥様(新婚ほやほや)が8月末にいらっしゃったのですが
この奥様が、な、なんと、ご懐妊されたのです。
この一ヶ月ちょっとのあいだに・・・。なんとまあ。

先週金曜日に奥様から打ち明けられ、一緒に検査薬を買いにいき、
見事?陽性反応。
そして今日、区役所(健康保険加入のため)と病院へと付き添いました。

病院は英語がしゃべれる先生がいることが第一条件なので
数件に電話して確認。
見つかったのは、若干遠い病院。
バスと地下鉄を乗り継がなきゃいけないので、
おなかがおっきくなってきたら
通院が一苦労かもしれない。

病院では受付が英語不対応なので、通訳もどきをする。
受付の仕方、予約の取りかた、薬局の場所、等々。
トイレで尿検査の紙コップを渡したものの「尿」の英語が分からず
water,water(液体の方!)と、ひどい説明をする。
でも分かってもらえたみたい。まあ状況からして普通分かるか。。。

まだ胎のうが確認できなかったみたいで来週再受診するとのこと。
今度はだんなが付き添ってくれそうでホッとした。
日本での妊娠&出産大変だと思うけれど、がんばって、若夫婦!
[PR]
by platform_life | 2010-10-19 20:40 | 英語
<< スタローン万歳 北山の東洋亭 >>