カテゴリ:京都ガイド( 10 )

すてな町家暮らし

しばらくぶりの更新です。

いまの勤め先のメリットのひとつは、インターナショナルな交流ができること!
海外から研究者を常に招いて国際的な研究施設にすることが
いまの研究所の目標らしく、その気になれば、いろんな国の人と知り合えます。

で、先日、廊下で会って挨拶をする程度のドイツ人(隣の隣の研究室所属)の
Mさんとバスで一緒になったので話をしてみると
フランス人の旦那さんと町家に住んでいるとか。
遊びに来てもいいよ、と誘われたので、早速友達三人とお邪魔しました。

この町家(大正時代建築)が想像以上に素敵なお住まいで、
これまでの町家の概念が吹き飛ばされるような気がいたしました。
まず、玄関入ると土間なのですが、これが予想に反して暖かい。
そして二階まで吹き抜けの高い壁には、作り付けの大きな本棚。
土間の左手はそのままキッチンになっており、
右手は、こ上がりをあがるとダイニング。木のどっしりしたテーブルに、中国風のランプ。
明治時代の洋館風情です。
その奥は和室で、お布団が敷いてありました。
f0000172_21153754.jpg

二階へは土間から、素朴な木の階段を上がります。
お部屋はフローリングと畳の二部屋ですが、間にあったであろう襖はとっぱらわれ
ひとつの大きなお部屋になってました。
フローリング部分は仕事机としての屋久杉のテーブルがどんと真ん中に置かれ、
和室にはソファと小さなテーブル。
そしてロフト付き。
東寺の骨董市で買ったという、昔のランプの枠組みが、すてきにディスプレイされてました。

ちなみに旦那さんとの結婚式はパリと、
京都・下鴨神社で挙げたとのことでした。
アルバムを見せてもらいましたが、旦那さんの袴も
Mさんの赤い和服も、本当に良く似合ってました。
(参列した親戚も皆和服!)

嗚呼。日本人よりも日本の良さをよく分かってくださってる。
とても自然に生活に取り入れているのが、すごい。
頭が下がります・・・。

ちなみに旦那さんはフランスに帰国中で会えませんでした。
パリ・モンマルトルにご実家があるそうです。
素敵すぎる暮らしにため息ばかり、の三人でした。
[PR]
by platform_life | 2010-12-02 21:21 | 京都ガイド

北山の東洋亭

京都の北山通りにある老舗洋食店「東洋亭」に行ってきました。
ここはハンバーグが有名なので、
夜のハンバーグセット(秋限定)1900円くらいのを注文しました。
内容は

・トマトサラダ
・コーンスープ
・ホイル包みハンバーグ
・パン
・プリン
・コーヒー

でした。
トマトサラダは湯むきしたトマトが丸ごとお皿にのっかって出てきました。
見た目きわめてシンプルですが、めちゃくちゃ甘くて、美味しかったです。
ハンバーグも、もちろん旨し。
f0000172_2157583.jpg

ソースが普通のデミグラスとはちょっと違う、
いい苦味・うま味があって大人の味。
脇に添えられた丸ごとポテトがまた旨いのなんの。

それからプリン。
お口の中でとろけました。
f0000172_21585061.jpg

なんせ形がいい。

どれ見た目は普通で、奇をてらってはないけど
どれもきちんと美味しい。
長いこと守り抜いてきた味ってこういう感じなんかなあ、って思いました。
[PR]
by platform_life | 2010-10-18 22:03 | 京都ガイド

山科の陶器市

昨年に続き、今年も山科・清水焼団地の陶器市に行ってきました。
f0000172_22414913.jpg

(写真でかくてすみません・・・。)
平日なのであまり込み合っていませんでした。

作家さんがじかに売っているのが特徴。
そして、B級品(といっても、注文どおりに色が出なかった、とかなので普通に見れば問題なし)もお手ごろ価格でわんさか放出されております。
去年同様、鼻息荒くして会場をうろつき、
なんやかんやでいろいろ買ってしまいました。
f0000172_2242532.jpg

買いすぎ!?

えっと、旦那は写真奥のほうのどんぶり、カレー用のお皿、豆皿をチョイス。
私は手前のほうの黒っぽいのや白っぽいのをゲット。
とくに真ん中左の黒い平皿はかなりのお気に入りです!
作家さんいわく、稲を焼いて出た灰を釉薬にしたそうです(釉薬まで手作り!)

これでしばらくは料理作りにも熱がはいりそうです~
[PR]
by platform_life | 2010-07-28 22:42 | 京都ガイド

上賀茂神社の桜

本日の上賀茂神社のしだれ桜。
満開でした。
f0000172_23245168.jpg

上賀茂神社より北の賀茂川沿いは五分咲きくらいです。
f0000172_23254968.jpg

[PR]
by platform_life | 2010-04-03 23:28 | 京都ガイド

鞍馬温泉

f0000172_12581694.jpg
日頃の疲れを癒すべく鞍馬温泉へ出かけた。
家から車で20分と、思ったより近い。

日帰り入浴が出来る「くらま温泉・峰麓湯」は、
大浴場と露天風呂に入る日帰りコースは2500円。
露天風呂のみは1100円。
時間がなかったので露天のみのコースにした。

風呂の目の前には桜の木。
満開にはまだまだ遠いけど、咲いている花もちらほら。
その奥には杉山が見える。(今年はなぜか花粉症大丈夫。)
目を閉じると、まぶたを通して、水面に映る光が感じられ、
他人様がお湯を流したり、桶を置いたりする音が心地よく耳に響く。

春のお昼の露天風呂はなかなか良いなあ。
桜が満開になると芋の子を洗う状態になりそうだし
丁度良い時期に来たかも。
時間があれば鞍馬寺を散歩するのも良さそう。
[PR]
by platform_life | 2010-03-31 12:59 | 京都ガイド

祇園祭いってみました

ちょうど祇園祭シーズンです。
今日が山鉾が巡行する日で、四条通りあたりが交通規制されてました。
ほんとは、今日、見に行きたかったのですが、
用事があったので、昨日、山鉾を見学して来ました。
小さな路地に、明日の巡行を待つ、たくさんの山鉾が設置されてました。
f0000172_21263722.jpg

「南観音山」という山鉾の中に入ってみました。
それぞれ中を見るには、拝観料がいるんですね。
こちらは300円でした。
上がってみると、なかなか見晴らしが良かったです。
f0000172_21265696.jpg

f0000172_21484179.jpg

民家?の二階からこちらの渡り廊下を通って鉾に入ります。

四条通りの「月鉾」も見学。
こちらはグッズを何か買うと入れるというシステム。
三日月マークが大胆にあしらってある手ぬぐい(かなりかわいい。)を購入し、見学しました。
月鉾は「動く美術館」って言われてて、絢爛豪華な装飾が見物な鉾です。
天井には円山応挙の筆による絵図が描かれているらしいが
どれどれ?って思ってる間に人の流れに押されて
見学終了。もうちょっとゆっくり見たかった。
f0000172_21362582.jpg


月鉾の豪華絢爛ぶりはこちらに詳しいです↓
http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=f0000172

夜になると灯りがついて幻想的な雰囲気になるんだろうな。
でも混雑大嫌い夫婦なので、
明るいうちにすたこら家路につきました。
[PR]
by platform_life | 2009-07-17 21:43 | 京都ガイド

お寺でまったり。@正伝寺

スーパーに行く途中に、何となくいつも気になっている裏山方面へ歩いて行ってみた。この辺は表通りからちょっと入ると田畑が広がっている。ベランダ栽培を始めてからというもの、農家の畑の様子が気になってしょうがない。今の時期はトマト、茄子、キュウリがやはり多いな。

ちらちら見ながら歩いていたら、お寺の門があらわれた。「正伝寺」というお寺。導かれるようにしてすすむ。そこから先は本格的な山道だった。
f0000172_1134097.jpg
f0000172_11375472.jpg
f0000172_11345339.jpg

ドキドキしながら進んで行くと、お寺の建物が現れる。買い物用バッグをさげての拝観、いかがなものかと思いつつ300円払って入ってみた。

f0000172_11355785.jpg

思いがけず、枯山水。静謐なたたずまいに息を呑んでしまった。。雨どいから雫がぽたぽた落ちる音、鳥の鳴き声、霧で霞む空・・・。そして、誰も人がいない。本堂の縁側を行ったり来たり、座ったり。独り占めです。

ちなみにこの枯山水、「小堀遠州」という有名な作庭家によるもので、さらに「重森三玲」というこれまた有名な庭師が修復したものだそう。そして、晴れていたら、塀の向こうに比叡山が見えるらしい。
f0000172_11363275.jpg

さらに驚くは本堂の天井、「血天井」なのです。良ーく見ると、足跡や手の跡が血で染まっており、生々しいです。ひとりだったので、これを見つけたとき一瞬寒くなりました。もともとは伏見城で床として使われていたもので、関ヶ原の闘いのときに籠城していた兵士たち1200人以上が割腹した際に付いた血なんだそう。
でもこの寺を取り巻く静かな空気、緑深い自然に、この血の主たちの魂もいやされているにちがいない。

観光地から外れているのでかなり静かな雰囲気のお寺。
自分と向き合いたいとき、静かな時間を過ごしたいとき、また訪れたいです。
[PR]
by platform_life | 2009-06-01 11:43 | 京都ガイド

下鴨神社の森、岡崎神社のうさぎ

下鴨神社の境内には、大きな木々が生い茂る森、「糺(ただす)の森」があります。秋には古本市も開かれるらしく、前々から気になってた場所。ちょうど新緑を迎えて気持ちのいいこの季節、自転車でちょっと遠出してみました。
f0000172_1213212.jpg
f0000172_12149100.jpg
道の脇には小川も流れていて、気持ちよかったです。その小川の向こうには、家が建ち並んでいて、糺の森が庭みたいな感じにも見えて、うらやましかった。生活圏内にこういう場所があるといいですよね。

そのちょっと前にこれまたお散歩したときに立ち寄ったのが、岡崎神社。境内のいたるところに「うさぎ」をモチーフにした品々がありました。なんとも愛くるしいです。
f0000172_1212179.jpg
f0000172_12122733.jpg
f0000172_12124098.jpg
なぜうさぎかというと、この神社が安産、子宝の神様であり、またこの地域一帯がかつて野うさぎの生息地で、うさぎが氏神様の神使いと言われていたからだそう。
(「京都十六社朱印めぐり」というサイトより http://www.kyoto-16sha.jp/index.html)

うさぎの形をしたおみくじや、うさぎのイラストが描かれたかわいらしいお守りもあったけど、なぜか係の人がおらず、入手できなくて残念。
[PR]
by platform_life | 2009-05-04 12:15 | 京都ガイド

パン屋さん「hohoemi」

京都に引っ越す前から名前だけは知っていた「hohoemi」
全国的に有名なパン屋さんです。

今日はなりゆきで、はげしく長距離な散歩をしました。
(2時間半は歩いたような)
その終着点に選んだのが鴨川沿いの荒神口というところにあるこのパン屋さん。
最近はまっているベーグルほか4点を買ってみました。
f0000172_16522274.jpg
ぼけた写真ですみません。ごまのベーグルと、ブルーベリー&チーズベーグルです。
f0000172_16531821.jpg
左がバジルなどハーブソースとベーコンが練り込んであるパン、右がチーズパン(当店人気No.1と書いてあった)

下の二つはお昼に食べました。
皮はぱりっと、生地はやわらかく、好きなタイプの素朴なパンでした。

お昼時のせいか、次々に人が入って来てレジでは行列になるほど。
焼きたてのパンもどんどん補充されていました。

★hohoemi
11:00〜19:00
水木休み
京都市上京区荒神口河原町東入ル亀屋町128

http://www.onozomi.com/univ_gourmet/topic05_d_hohoemi.html
[PR]
by platform_life | 2009-04-24 17:03 | 京都ガイド

山寺の桜と仏さま

f0000172_21542237.jpg
「花の寺」と呼ばれる勝持寺に行って参りました。
京都の西山の麓にあって、素朴な山寺の風情です。
680年に創建、応仁の乱で焼けたあと再建されたのが現在の建物だそう。

境内にはところ狭しと桜の木が植えてあり、
空を見上げると桜色のグラデーションが広がってました。
濃い色や薄い色、しだれ桜などが一斉に咲き
何とも言えぬパノラマを生み出してます。

うぐいすの声しか聞こえない静かな山の桜。
お花見シーズンを締めくくるには持ってこいのお寺でした。

ちなみに、本堂となりの収蔵庫「瑠璃光殿」にも入れました。
そんなに広くない建物に、仁王像、如来さま、菩薩さま等々
合計13体がギッチギチに鎮座されてました。
小さな山寺には不釣り合いなほどのこの力強い仏像集団。
そのアンバランスさに興味を惹かれ、少々見入ってしまいました。
f0000172_21545889.jpg
f0000172_2155839.jpg

[PR]
by platform_life | 2009-04-13 21:55 | 京都ガイド