<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ナム・ジュン・パイク展/A to Z CAFE

先週末,ワタリウム美術館「さよならナム・ジュン・パイク展」とA to Z CAFEに行ってきた。

----
ナム・ジュン・パイクは,ソウル生まれの作家。東大やミュンヘン大学で音楽を学んだ後,ジョン・ケージに出会い,60年代から「フルクサス」のメンバーとしてヨーゼフ・ボイスとパフォーマンス活動をおこなったり,ビデオアートを手がけるようになっていった。今年の1月に逝去。

以上はウエブなどで調べた彼のプロフィールだが,実際わたしは「フルクサス」を(「ジョンケージ」「ヨーゼフボイス」も)よく知らない。もっと難しいものかと思いこんでいたんだけど,ナムジュンパイク展があんまり面白かったので,これから本を読んでしらべてみようとおもう。(そのまえに村上隆の「芸術起業論」!!丸善にて激しく平積み展開してあったのを,つい手に取ってしまった)

水槽あり,テレビモニターたくさんあり,動物の剥製あり,森あり,ロボットあり…。なんというか,おもちゃ箱みたいな楽しさだった。

----
ランチは骨董通りをちょっと入ったところにある,A to Z CAFEにて。奈良美智がいま(10/22まで)青森で開催している「A to Z」という展覧会との連動企画のようで,カフェ内には奈良さんのアトリエが再現されていたり,メニューにイラストが描かれていたりする。

ランチは定食(お肉,お魚から選べる)+ドリンクがついて,1,000円。デザートは和のものが充実していてgood。奈良ファンは一度行く価値あり。普通にランチを食べるお店としても,値段も安いし美味しいのでおすすめです。
[PR]
by platform_life | 2006-08-31 11:56 | アート

帰省旅

夏休み,地元に帰ってきました。
いつも帰省時は詰めつめのスケジュールなので,
夏休みを終えると,ぐったりしてます
(そして会社でのんびりするという…)

広島では,東京で見逃した藤田嗣治展を,母と鑑賞。
翌日は,学生時代の友人達とドライブへ。
言いたいこと言い合って,飾る必要がなくって,
なにやら,わかってくれる人たち。
結婚・恋のことから,仕事のこと,お肌の悩みまで,
共有できるすばらしさをしみじみ感じました。。。

旦那様の実家in京都にも立ち寄って,
義妹の夫婦がやってる小料理屋さんへ,旦那とお姑さんとゆく。
京都のお料理という感じで,お上品で,丁寧に作られている。
創作料理が増えていて,
中でも,豚の角煮を芋まんじゅう(芋を漉して練ったもの)
で包んであんかけしたものが美味しかった。
旦那一族に会う時はいつも緊張してしまうけど,
美味しいものを食べてると,心がほぐれてきていい。
といっても作ってる方は大変だ…。

そして旦那には先に帰ってもらい,
大阪に住んでいる友達と,アサヒビール大山崎山荘美術館へ行った。
こんもりした山の中に,ロッジ風の大きな洋館と,広い庭,
そして最近完成したという,安藤忠雄建築の新館がある。
すごくいい環境だ。新館は半分地下に入ってるような作りで,
見える部分は,コンクリ打ちっ放し&大きな硝子窓という,控えめな外観が,
周囲の緑,旧館の重厚さと調和していたのです。
こういう建築物を見ると,シロウトながらに惚れ惚れしてしまいます。
---

なんだかんだと充実した帰省でした。
さて,久々にツクリビトペーパーを出そうと思ってます。
この帰省旅のなかにもテーマがあったので,
これからまとめてゆこうと思ってます。
[PR]
by platform_life | 2006-08-25 15:28 | 旅行

今週行ってきた

ジャナイナ・チェッペ展(トウキョウワンダーサイト渋谷)
http://www.tokyo-ws.org/shibuya.html
海、川、山、、、自然が美しく、さらにそこには人間が漂っていたり、
細胞とか、心臓とか、人間の一部を連想させる風船が、
ふわふわ波に揺られていて、不思議な景色。
安らかで、落ち着く。

かもめ食堂(シネスイッチ銀座)
やっと見られた。想像以上に、いい映画だった。
焼鮭やらトンカツやら、美味しそうなおかずが出てきて、
おなかがグーグーなりそうだった。
[PR]
by platform_life | 2006-08-18 00:37

ある夏の日の食事録

先週末は,美味しいモノをたくさん食べて幸せにひたっていた。
金曜日は上野で友人と,安くて美味しい中華と青島ビールを。
(空芯菜炒め,カニ玉,八角風味の豚の角煮,ショウロンポウ…)

日曜日のお昼は世田谷・松陰神社前でかきあげ蕎麦。
なんと1時間待ち!
暑い日に熱いおつゆの蕎麦を頼んでしまい,後悔したのもつかの間,
揚げたてのかきあげが蕎麦つゆの中で,「ジューッ」っていってる!!
これで,食欲はマックスに。

で,夜は自宅でキーマカレーをつくる。
玉葱をよく炒めて,たっぷりの水煮トマト,
挽肉,スパイスとともに煮込む。
最後に半熟の玉子を添えてできあがり。
レシピには,マイルドに仕上げるために,
ココナツミルクと生のトマトを入れる書いてあるけど,
買ってなかったので替わりにバターを少し入れてみたら結構いけました。

スパイスは,インドに行った時に買ってきたもの。
地元の人しか行かないような,裏道のローカルな屋台で,
地元の人に通訳してもらって買いました。
どんな種類のカレーにも合う魔法のスパイスなのです。
[PR]
by platform_life | 2006-08-14 16:51 | たべもの

若冲を見に

★最近リンクさせてもらった「表参道 high&low」さん、
コメントいただいたのに、間違って消してしまいました。
ごめんなさい。リンクありがとうございます。


ーー
f0000172_1638619.jpg

昨日、上野の博物館で開催中の
「若冲と江戸絵画展」に行ってきました。
平日夜ですが、けっこう混雑してました。
全作品のなかで、若冲のは5分の一くらい。

パイオニア、異端児、風来坊…
どの言葉が合うのかわからないけど、
いつの時代にも、何かにとらわれずに自由にやってる人っていて、
それだけで、やっぱかっこいいなあと思います。
絵はもちろんとても好きです。

若冲作品に限らず、
全体的に動植物をモチーフにした絵の多いこと。
あざみ、桔梗、あじさい、桜、梅。
石にむす苔、雪でしなる枝。
小さなところに美を発見する力、
やさしくて繊細な美意識は日本人のたからものですね。

*写真は東京国立博物館敷地内の建物のひとつ。
 中国風?ほかに西洋風(工事中)、近代風と
 趣のことなる三つの建物が同じ敷地に立つ。
 すごいといえばすごいけど、少し統一感が欲しい気も。
[PR]
by platform_life | 2006-08-12 16:38 | アート

アニメーション展のお知らせ

f0000172_1553562.jpg
地元の友達の石井あみさんが広島でアニメーションの展示をやります。
(8月15日〜20日まで)
わたしはDMやチラシ作製でお手伝いさせていただきました。
お近くのかたはぜひぜひ出かけてみてください!
わたしも帰省時に顔を出してみようと思ってます。
[PR]
by platform_life | 2006-08-12 15:57 | アート

新しい洋服をきるとわくわくする

f0000172_0393085.jpg友達おすすめの銀座の「hpgrp」という
いろんなお店が入るビルにいってみた。
リノベーションっぽい建物に、
アクセサリー、雑貨、洋服など
いろんなテイストのお店が入っている。

その中でHaNNaというお店においてある
オランダ人アーティストのボーンさんの洋服がとても気に入った。
見てるだけでうきうきしてくるような、遊び心満載の洋服たちは
ぜんぶ一点ものの手作り品だそう。

いろんな布が複雑に縫い合わされたスカートは、
細長い布が垂れ下がっていたり
絵の具が無造作に塗られていたり。
一見奇抜なようだけど、試着してみると
すんなりと他の洋服になじむのでとても不思議。

じつはなんてことないつぎはぎや、
ただの飾りに見える垂れ下がった糸にも、
人の体が美しく見えるように
細かな計算がなされているらしい。

着たときの感触がとても気に入って、
フンパツして一着のワンピースを購入した。
やっぱり布やら糸が垂れ下がってるもの。
お店に着ていった洋服の上から着たら
かなりいい感じになじんだので
そのまま電車に乗って帰った。
なんだかとてもうきうきした気持ちになった。
[PR]
by platform_life | 2006-08-11 00:42 | 日々のこと

8月6日、原爆の日

昨日NHKのETV特集では、
被爆者のPTSDの問題を取り上げていた。
精神科医が被爆者に、当時のことを質問すると、
みんな眼に涙を浮かべ、とても辛そうに語っていた。

これまで被爆体験のことを語ることはおろか、
思い出すことすら避けてきたという男性。
数年前に被爆者の会の会長に推薦され、断り切れず引き受け、
それ以来思い出すことが多くなり、お酒の量が増え続けていると言う。

瀕死の女学生を助けられなかった後悔に苦しむ女性は、
いまでも町で女子生徒を見かけると反射的に避けて歩いてしまう。

子どもにも孫にも自分の被爆体験をかたることを避けていた女性。
意を決して、60年分の心の苦しみを、みんなに打ち明けた。

---

「戦後」って何なんだろう。
一瞬の原爆で一生の苦しみを背負ってしまった被爆者にとって、
戦争はほんとに終わったといえるんだろうか?

平和を享受する「戦後」世代のわたしたちは、
先を急ぐばかりじゃなく、日本の歩んだ道をゆっくりさかのぼっていって、
見落としてきた大事なことを思い出さなくちゃいけない気がする。
でなければ、苦しみに堪えているひとつひとつの「声」を
すべて封印したままになり、
いつか取り返しのつかないことになる気がする。

そんなことを考えながら、
8月6日、8時15分の黙祷を、捧げた。
[PR]
by platform_life | 2006-08-07 01:21 | 日々のこと

緑の王国へ

f0000172_16254468.jpgf0000172_16255423.jpgf0000172_1626199.jpg









梅雨明け間近の先週末,長野の霧ヶ峰高原に行ってきました。
出発時は晴れていたのに,高原に着いたらどしゃぶり。。。
だけど,山の天気は変わりやすいというのはほんとで,
信州そばを食べて一休みしてるうちに,
雲の合間から太陽が顔を出し,次第に気持ちの良い青空に…。

やっぱり高原には青空が似合う。
どこまでも続く緑の絨毯,ニッコウキスゲのオレンジ色,
眼下に小さく見える町並みと,南アルプス&八ヶ岳の遠景。
自然の中に少しでも同化したいとおもい,大きく深呼吸してみる。
からだ全体が,自然の発するエネルギーで満たされてゆく感覚。
ふと,ここで骨を埋めたいという,変な気分になった。

帰りは山越えして,小海町方面へ出た。
松原湖というのがあって,ここはひっそりしていて,なかなか良い。
夏休みだというのに,ボート小屋は閉まっているし,
湖岸の宿屋は古びていて営業しているかも不明。
ここが高原リゾートのただ中だということを忘れてしまうような,
ある意味情緒的なたたずまい。

日帰り強行軍で,ゆったり出来ず残念だったけど,
ひさびさにいっぱい緑が見られてよかった。
[PR]
by platform_life | 2006-08-01 16:27 | 旅行