<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ヒルズで春

f0000172_22302084.jpg
土曜日朝にヨガをしたあと
そのまま千代田線の乃木坂駅で降りて
新国立美術館の丸みを帯びた
独創きわまりない建物を横目で見、
あらためて故黒川紀章の鬼才ぶりに
敬意を表しつつ
六本木トンネルをくぐり
春爛漫の陽気の中を、歩きました。

やがて細い路地の向こうに見えてくるのは
威風堂々たる森タワー。
武装したがごとくのメタリックな外観と
下から見上げる者に覆いかぶさる勢いの
超高層ぶりは非ヒルズ族に威圧感を与えまくりです。
東京の天守閣ですな。
あそこで暮らしたり、働いたりできたら
東京の主気分になれると思います。

森タワー53階にある森美術館の展覧会を見たあと
下の階にある展望台に立ち寄りました。
ひさびさにそこから見る東京の景色は
ほんとにきれいでした。
エンパイアステートビルから見たNYの景色よりいい。
広いです、東京は。
ここで働いたりできることを
ちょっと誇りに思いました。

「UBSコレクション展 アートは心のためにある」
を見ました。レポートはまた。
[PR]
by platform_life | 2008-03-24 22:33 | 日々のこと

勘違いな人々。

今日,会社に大きなファイルを持った
セールスマン風の男が来た。
入り口に近い私が応対に出ると
何もしゃべらずファイルを開いて
これこれ,と指さす。

そこには手書きで,単語が並べてあった
「ストーカー」
「通信傍受」
「電磁波」
さらに指さす。
「助けてください」

一瞬にして背筋が寒くなった。
このひと,やばっ。
「警察に間違ったことを記憶するシステムを
埋め込まれてしまったんです」
え!?
「病院に行っても取り合ってくれないんです」
そりゃそうだろう。
「イタコとかシャーマンとかの
システムと同じです。」
ひぃ~。言ってることの意味がぜんぜん分からんー!

こえーよー
実際に来た人は初めてだが
科学系を扱ってるせいか
電話ではたまにこういう
勘違いな人から(UFOはいるのかとか)
架かってくる。
うまい対処の仕方が分からず
毎度汗を掻いてしまうわたしです。
[PR]
by platform_life | 2008-03-19 18:50

ひさびさに汗

土曜日に、ジムで初めてマシーンを使ってみた。

まずは筋トレマシーン。
腹筋と、肩甲骨付近の筋肉をきたえるマシーン、
それぞれ15回×2セット。

そのあとに、ランニングマシーンで
歩いたり走ったりで40分。
頭から顔から汗だらだら。

マシンから降りるときには
足がもつれそうになった。

そんな苦労をして消費した200kcal弱
(マシンに表示される)
だが、ジム後に食べたごぼうサラダ(220kcal)で
一瞬にしてチャラに。

ちょっと切ない。
でもマシンってテレビがついてたりして
すごいんですね。
[PR]
by platform_life | 2008-03-16 16:32 | 健康

梶井照陰「限界集落」【写真展】

先週からだんだん温かくなってきたので
出かけやすくなりました。
会社の昼休憩も春の日差しに誘われて
ふらふら歩いてみたくなります。
先週は歩いて20分のところにある
ギャラリーへ行ってきました。

知ってる人も多いと思いますが梶井照陰さんは
佐渡島の海を撮影した写真集『NAMI』を出して
一躍有名になった写真家です。
f0000172_15492646.jpg

その梶井さんの二冊目の写真集が
日本全国の過疎化の進む集落を取材し
写真と文章で構成した『限界集落』という本です。
ギャラリーではその写真を展示してました。

農作業などで,常に手を動かしている
おじいちゃん,おばあちゃん。
飾り気がない,実用一本の暮らし。
使えるモノはいつまでも使い,
家の中も昔のままな感じ。
写真を見て気になったのは
服の重ね着のすごさ。
ジャンパーの上にベストとか!
あったかければいいって事なんでしょうか
(多分)意図せずして色が微妙に
統一されてたりして
意外とファッショナブルだったりする。
古びた布をほおかむりしてる
おばあちゃんが可愛かった。

写真は,哀愁を誘うものでもなく
田舎をことさらに美化するものでもなく
ただ淡々と,暮らしを伝えてます。

都会で生きていると,どうしても
自分たちが中心だと思いがちだけど
こんな暮らしもあるんだという
当たり前のことに気づかされます。
過疎化によって田舎の暮らしが消えることは
思った以上に日本にとってダメージ大きいのかも
ということにも。
私はまず田舎に住むじぶんのおばあちゃんの
暮らしを何にも知らないので,
それはちょっとした反省です。

------
梶井照陰写真展「限界集落」
place/FOILギャラリー(東神田)
date/2008.2.20(水)〜3.16(日)
[PR]
by platform_life | 2008-03-16 15:51 | アート

美味なビリヤニ

ビリヤニが美味しいお店,との噂を聞き
行ってみたかった「シャヒ・ダワット」(小川町)。
月曜日にようやく,行くことができました。

ビリヤニとはインドの炊き込み御飯で
高価なサフランをふんだんに使った贅沢な料理です。
専用の壺に入れてタンドールで炊くのだそうです。
f0000172_17341697.jpg

予約しておいた
「骨付きチキンのビリヤニ」Sサイズ(2000円)。
鶏のうま味が御飯に染みこみ
ほかほかに炊けてました。
スパイスの香りがほんわり漂い
絶妙なおいしさ。。。やみつきになります。

ほか,「パコラ」という,インド版天ぷらと
「タンドールアールー」というジャガイモをくりぬいて
中にお野菜を色々詰めてタンドールで焼いたものを
いただきましたが,どれも美味しかったです。
f0000172_1734779.jpg

どれも丁寧に作られているなあという印象でした。

それにしてもインド料理店に行って
カレーを頼まなかったのは初めてです!
インド料理って,意外と奥深い。
[PR]
by PLATFORM_LIFE | 2008-03-12 17:39 | たべもの

ヨガ再開

いつもプールを利用してるスポーツジムで
先月からヨガクラスに参加してます。

休憩無しの60分コースは思ったよりきつく,
途中で頭が痛くなってしまう・・・。
貧血?酸欠?ともかく
血流が悪い証拠らしい。

このクラスは色んなポーズを盛りだくさんやるので
エクササイズ効果は抜群。
翌日筋肉痛になってしまうほどです・・・。

問題は,狭いスタジオに50人くらいの参加者が
ギュウギュウ詰めなこと。
他の人に手足が当たってしまううえに
後ろのほうだと先生の動作が見えないのが難点!

ちゃんとやりたいならヨガ専門の教室を
探したほうが良さそうですが・・・。
まー,初心者級の今の私には十分かと。
もうちょっと呼吸を整えたり
瞑想できたらいんだけど・・。

ところで土日の朝,ヨガに行くと
年配の方々(60〜70代くらい)が
どんどんジムに入って行くのでびっくりしました。
すっげ〜。負けてられん!
[PR]
by platform_life | 2008-03-11 13:40 | 健康

「写真ゲーム」

写真ゲーム:11人の新たな写真表現の可能性【写真展】
place:川崎市民ミュージアム
date:2008.1.26-3.30
f0000172_14513734.jpg

「写真ゲーム」というのは耳慣れない言葉ですが
美術館のウエブなどの解説によれば
写真を「道具」のように使って「遊ぶ」,
自分独自の「ルール」を作って「プレイ」(撮影)する,
といった意味のようです。
富士山など景色の美しさを最大限に引き出す
という撮り方との対極にあるのがそれで
近年の日本人作家に多く見られるとのことです。

個人的に気になった作品を書いてみます。

城田圭介は,大きなキャンバスに写真を貼り付け,
周辺をモノトーンの絵の具で
写真から繋がる景色を描いてます。
部分的にぼんやりしていたりして
モノトーンの幻想の中に
ぴかっと「リアル」(カラー写真)
の世界があって不思議な雰囲気。
でも全体を見るとやっぱり非日常な感じで。
リアルと幻想をゆらゆら揺れ動く感覚です。

高橋万里子は,「月光画」という
植物と,人間をモチーフにしたシリーズを
出展してました。
ご本人のトークイベントをちょうどやっていて
「月光のようなぼんやりした
美しいけどどこか妖艶な様子を撮りたい」
とお話されてました。

20代前半のころは,作り込んだ作品を
撮っていたけれど,年を重ねるにつれ
自然な感じで臨むようになったと話されてました。
年とともに作品のスタイルが変わるという
等身大の作品づくりに共感を覚えます。

どれも自室の白い壁をバックに撮影し
照明はデスクライトを使っているとのことです。
植物も自室にある観葉植物。
焦点の定まらないぼやけた写真に
デスクライトによる亡霊のような影が壁に映っています。

でも,やっぱり作家本人のお話を聞くのは大事だなあと。
改めて思いました。とくに読解力のない私は
好き嫌いのみで鑑賞するのが常なので
お話を聞くと深く味わえて良いです。
[PR]
by platform_life | 2008-03-07 14:54 | アート

Healthyな生活

青汁
コントレックス
ランチに手製弁当
野菜中心の夕飯メニュー
夜のストレッチ&腹筋
ヨガと水泳
日経ヘルスとマクロビの本熟読。
佐伯チズ美顔法

------
ここ数週間で体のためにやったことリストです。
突然我が身に,怒濤のごとく押し寄せた「健康」ブーム。
昨日も日経ヘルスを読んでると
腸にいいという記事を見て(便秘解消,がん予防云々)
全粒シリアルと,雑穀ご飯をさっそく導入。
ちょっとやりすぎ?
いやとにかくはまってます。健康に。

やっぱ三十路になったことは
精神的にかなり大きい。
これまで外方向にばかり目がいってたけど
自分の体と心に目がいくようになったのは
良きことだと思う。
30年間あまりにほったらかしだったから
今,お肌やお腹周りに如実に表れている・・・のです。

しかし,いつまで続くのやら・・・
と,うちの旦那様は静観してますが。
いろいろ試してどれか続けば儲けモノです。
[PR]
by platform_life | 2008-03-05 14:52 | 健康