<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Chim↑Pomに衝撃。

アート系本屋さん「ナディッフ」が青山から恵比寿に
移転したということで,さっそく行って来ました。

といっても青山の頃のナディッフにも
数えるほどしか行ったことないのですが・・
どちらかというと,地下ギャラリーでこけら落としの
Chim↑Pomを見たかったのです。

噂には聞いてたけれど(見たのは初めて)
スゴイ。とにかく。
スゴイもん見てしまったかも!!

以下,詳しく述べます。
これから行かれる方は,読まない方が驚き倍増かも。

1階のショップから,らせん階段で下りていくと
薄暗い中に足場が組んであって,なにやら工事中っぽい感じ。
中にいたお兄さんに「ギャラリーですよね」と聞いたら
「はい,そうです」とのこと。
よく見たら足場の下は水浸しで
お兄さんは半分水に浸かっている。
なんだなんだ??と少々混乱。

とにかく,光景が普通じゃない。
だってきれいな新築ビルの地下が水浸しで
ビール缶やゴミがぷかぷか浮いてるんですもん。
まるで廃墟?ドブ?下水管に迷い込んだかのような。

ぼんやりしてたら,お兄さんがゴンドラに乗りませんかと
傍らに浮かぶビニール製のボートを指す。

誘われるがままに「ゴンドラ」に乗ってしまった私。
これが,意外に気持ちよかったです。
お兄さんがボートを引っ張りながら
「オーソレミィーヨーォ♪」と歌ってくれ
何となくそれらしい気分にも成ってきてなんだか笑えました。

しかしこれは,アート?
いや,こんな大胆な発想,アート以外の何でもないハズ。
いや,でもほんとにアートと言えるか?
いやいや「アート」でなければ許されないでしょう,こんな狂気・・・。

自問自答を繰り返しながらも
もはやそんなことはどうでもよく
ただ都会の真ん中のビルの地下でボートに乗る
ということは,もう二度とないだろうなあ,とふと思いました。

ここ数年展覧会巡りをしてるけど
これほどの驚きはなかったかもしれません。

Chim↑Pomの行く先がひじょーに気になる。

★Chim↑Pom「日本のアートは10年おくれている」
7/7〜7/26まで
[PR]
by platform_life | 2008-07-24 10:52 | アート

ジャージの2人/アフタースクール【映画】

今月前半,2本の映画をみました。
ひとつめは「ジャージの2人」(試写会)。
f0000172_17372817.jpg

長嶋有の原作にほぼ忠実につくられてて
原作ファンの私には嬉しい限り。
堺雅人演じる息子と,鮎川誠演じる父親。
父子ふたりで軽井沢の古びた別荘で
なんにもしないで,夏休みを過ごす。という話。
といっても,ただのスローライフな映画じゃぁなく。
息子や父の抱える悩みが
さわやかな森の中に立ちこめる霧のように
物語全体を静かに覆っていて
時折心がちくりと痛みました。
そして,高原の風景の美しいこと。

ふたつめは「アフター・スクール」。
これまた堺雅人(大泉洋,佐々木蔵之助など)が出演。
いやぁ,面白かったです。
最後,1杯喰わされるという噂は聞いてたけども。
爽快。
もう一度最初から観たくなりました。
[PR]
by platform_life | 2008-07-15 17:37

山口智子@LA GALERIE DES NAKAMURA

f0000172_11314544.jpg
YUKIのCDジャケットのイラストを担当したことで
知られるようになった山口智子さん。
私が知ったのはCDよりももっと後のことで
去年の夏のギャラリー小柳での展覧会でした。

女の子ワールド+ちょっとの毒気,という
山口さんワールドが今回も展開。

とにかく白パンツ&白パンツ&白パンツ・・・。
小学女子的白パンツ一丁の女の子達が
いっぱい登場します。
白パンツは聖なる象徴かもしれない。ふと思いました。
教会に,マリア像の替わりに置いてあったとしても
素直にああ有り難い,と思ってしまいそうなくらいに
どこか高貴で,近寄りがたい少女たち。

こんかいのギャラリーは古い雑居ビルで
部屋の中には窓がたくさんあって
いかにもギャラリーな感じではなかったです。

みかんを持ってる女の子の絵の上に
壁が陥没したところがあって,
そこにみかんのおもちゃ?が置いてあったり
遊び心が感じられるのは◎。
が,ギャラリーがせっかく広いのに
ぽつんぽつんとしか作品がないのが
残念なところでした。

*2008.7.4終了
[PR]
by platform_life | 2008-07-15 11:33 | アート

伊庭靖子@ベイスギャラリー

f0000172_1337537.jpg

資生堂ギャラリーの椿会展で見て以来,気になっていた伊庭靖子さんの個展に行ってきました。シーツや,皿,カップなど,その全体や一部分をキャンバスに描いています。それぞれの素材の質感が(布地とその模様の凸凹や,磁器のつるんとした感じ),なんともなめらかで,すこしばかり官能的で,五感に訴えてきます。日常に存在する物の,まったく別の一面がそこには表現されていて,異次元?に迷いこんだような感覚。

ギャラリーには幸い誰もいなかったので,存分にその感覚を楽しんできました。

<展覧会は終了>
[PR]
by platform_life | 2008-07-04 13:41 | アート