<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

立派な観葉植物

f0000172_21504551.jpg

今日の授業はずっと英語で進められました。しかも三時間連続で!ほんとに疲れた〜。

昨日は初めて面白い授業に巡り会えた。翻訳入門。言葉にこだわりのある私としては、日本語をあれこれ精査して選んでいくのが何とも楽しかったのです。

さて、久しぶりにベランダのことを。ミニニンジンの種をまきました。近所の畑ではすでに葉っぱが茂っているくらいなのでちょっと遅かったかも?しかも雨続きなので、虫とかキノコとかが発生しないか心配。

最初の写真はアボカドです。こんなにおっきくなりました。立派な観葉植物です。
[PR]
by platform_life | 2009-09-30 21:50

職業訓練に通う

一昨日から職業訓練に通い始めました。
思ったよりハードで、授業についていてくのが必死です。
なので、しばらくはブログの更新もちょっと減るかもしれません・・・。
訓練の内容は、ビジネス英語、という少々変わったものです。
本来ならうん十万と、お金を出して通うような。
というか、そこらへんの英会話学校なんかよりも
ずっと充実した内容でして、ありがたい限りでございます。
今日はさっそく景気づけに、電子辞書『カシオEX-WORD GF9800』を購入致しました。
挫折せぬよう、がんばりたいです。
f0000172_23592654.jpg

[PR]
by platform_life | 2009-09-26 23:59 | 日々のこと

変わった、も、変わってない、も乱用するべからず

中学の同窓会にいってきました。
同窓会自体、参加するのが初めてで、
会場が近づくに連れて心臓がひっくり返るくらい、ドっキドキでした。
一緒に行ったのも、高校以来、13年ぶりに会う友人で、
待ち合わせ場所で発見出来るか不安だったけど幸い、すぐに見つかりました。

この友人とは、何故かすぐに意気投合できましたが
会場に入ると、知らぬ顔ばかり。
とくに男子は9割方、横幅がのび、顔が丸くなっており
誰が誰やら分からぬ、というか、みんな同じに見えるという。

私は友人でなかったはずの人からも声をかけられ
「変わってない」「変わってない」と言われ続けました。
これは、ひじょーに複雑でした。

逆に、ある女子(クラブが一緒だったけどさほど仲良くなかった人)に
これまた「変わってない!」といわれ、ムカっと来た、からではないけど、
「そっちは、変わったね〜!」と言ったら、周辺の女子たちがシーン。
なになに、って思いつつ、元のテーブルに戻り
そのあと、彼女に整形疑惑がある話を聞いたのです。
そりゃあ、あんな空気になるわなぁ〜、と少々冷や汗を掻きました。

変わった、も、変わってない、も乱用するべからず、が今回の結論です。

そして、ヤンキーだった人が、前の席に座ったので
ちょっとどきどきしている自分が情けないと同時に、
やはり茶髪だったり、タバコをぷかぷか吸ってたり、
どこか面影がある彼女らがまた、
そうはいっても、人は変わらぬものであることを教えてくれました。
[PR]
by platform_life | 2009-09-22 17:24 | 日々のこと

宿マニアの旅。長野編

木曽路(国道19号)を北上し、途中上松町というところで
山道にそれ、どんどんあがって標高約1000m、
「赤沢自然休養林」というところに向かいました。
ここは森林浴発祥の地だとか。

森林を散策するコースが整備されていて
渓流があったり、鉄道が走っていたりで
昼間は家族連れで賑わっていました。

その日のお宿は、森林のなかにある「去来荘」というところ。
f0000172_10583034.jpg

二年くらい前に新聞で見て以来気になっていて
宿にある広いテラスで、のんびりしたいというのがちょっとした夢でした。

しかし、甘かった・・・
なんせ、標高1000m。
日が暮れると寒い寒い。
テラスどころではなく
部屋の中に準備されていたホットカーペットに横になり
毛布にくるまって過ごしました。

さて、晩ご飯。期待通り、山の幸満載でした。
覚えている限りでお品書きを書いてみます。

・よもぎ団子のごまだれがけ
・ゼンマイの和えもの
・月見草の花びらの酢の物
・豆腐田楽(豆腐にフキ味噌、みょうが、くるみ、チーズをのせたオーブン焼き)
・岩魚の握り寿司
・イクチ(きのこ)のおろしポン酢和え
・岩魚とイクチ、野菜の味噌仕立て鍋
・きゅうりの一本漬け
・岩魚のからあげ
・しょうがごはんのおにぎり
・そばの実のお吸い物

もっと出たような気もします。
岩魚というと焼いたのしか食べたことないですが
こんかいは握り寿司だったり、お鍋でしゃぶしゃぶだったり
ほんとに珍しいかたちで食べることができました。
生涯最高の満腹感を得られ、
食後星を見に外へ散歩する予定が
それどころじゃないくらいで
重いお腹をひきずって、
再び電気カーペット&毛布にくるまれたのでした。

翌日はすっかりお腹も快調になり
シンプルな朝食をいただきました(これがまた程よい、前夜の腹一杯なのを分かってのシンプルさなのだとおもう。しかし米がうまい。)
朝、散歩コースを歩いて鹿に遭遇したり、
森林の中をはしる鉄道に乗車(時速8キロ)したり。
ひとしきり楽しんだ後、お昼過ぎに赤沢自然休養林を後にしました。
f0000172_128558.jpg

f0000172_129781.jpg

↑朝、宿の部屋から見た空と森。1軒宿なので、夜から早朝にかけては本当に静か。料金は格安ですが、部屋はふすまで隔てられただけのシンプルなつくりでした。大人限定の宿をうたっているため、子供の騒ぎ声が・・・とかはないと思いますが、好き嫌いが分かれそうです。
f0000172_12104440.jpg

↑散策コースに多く見られたマルバ(ベニマンサク)。ハート形の葉っぱがかわいらしく、すでに紅葉が始まっていた。
[PR]
by platform_life | 2009-09-17 12:20 | 旅行

宿マニアの旅。愛知編

愛知&長野方面を目指し、車をかっとばして旅に出て来ました。

唯一、宿だけはかなり前から決めてましたが
それ以外はかなりのノープランで、
「どこに行くの?」とまわりに訪ねられては
自分でもよくわからないという状態でした。。
でも、なんだかんだで、充実した旅になったような気がします。

最初の宿は、愛知県の足助という古い町のはずれにある
百年草というところでした。
f0000172_20541855.jpg

ここの宿にはフレンチレストランが併設されていて、
夕飯はそちらでいただきました。
失礼ながら田舎の、しかも自治体が運営してる宿とは思えないほどの、
素晴らしいお料理&サービスでした。

私が食べたお料理は、ウエブにも載ってますが・・こちらです。

・オードブル(ミニピザ)
・マグロとホタテ貝のタルタルのパンケーキサンド
・鮎のカダイフ(春雨を揚げたみたいなぱりぱりしたもの)包み揚げ
・人参とオレンジの冷製スープ(コンソメゼリー入り)
・鱧の雑穀詰め焼き
・自家製デザートの盛合わせ
・パンとコーヒー

どれもこれも凝っていて、ほんとに美味しかったです。
ランチョンマットとして使われていた
手漉き和紙に本物のもみじが漉き込んであるのがきれいで
持って帰ってもいいか、と図々しく頼んだら
どうぞ、これで巻いてくださいと、輪ゴムまで持って来てくれました。

レストランだけでなく、パン屋とソーセージ屋さんもあり、
どちらも地元で人気なんだそうです。

お部屋にはテラスがあって、すぐそばを流れる小川をのぞめます。
f0000172_20524660.jpg


宿の近くには、紅葉の時期になると観光客がたくさん訪れる
香嵐渓という名勝地があります。
ここは小さな山になっていて、山野草の宝庫。
かわいらしい花がちらほら咲いていました。
f0000172_20574921.jpg
f0000172_20575996.jpg


次に向かったのは木曽路の、赤沢自然休養林。
次の日記で、書きます。
[PR]
by platform_life | 2009-09-15 21:01 | 旅行

山の中、せせらぎの音

f0000172_16263596.jpg

愛知県の山の中のお宿に来ております。曇り空で、空気はしっとりしています。小川のせせらぎが耳にやさしいです。

写真はお昼に一宮市の萬歩軒というお店で食べた愛知名物味噌煮込みうどん。土鍋にぐつぐつ煮えたぎった状態で供されました。味噌の香ばしい香りが食欲をそそりました。美味でした。

明日もふらふらし、明後日帰路に着きます。また旅日記をブログに載せると思います。(たぶん)
[PR]
by platform_life | 2009-09-12 16:26

何とか焼けた、食パン

なんとかうちのオーブンでも食パンが焼けました。
f0000172_2130297.jpg

全粒粉が30%入っています。
そのためか分からないけど、こんがり焼き色も付きました。

教室で習ってから今日は二回目。
1回目は、ここには載せてないけど
というか、載せられないくらい、ひどかった(笑)
まず、型をオーブンに入れる段階で初めて
オーブンの高さが足りなくて山型に出来ないことが発覚。
(早く確かめとけよ〜って感じですが)
それで急遽ふたをして角食パンにしたもんだから
うまく発酵が出来なかったのかもしれない。

焼き色のない、真っ白な食パンができて、おおいにがっかり致しました。
(しかも型から出したとたん、カタチはドンドン歪んで行った。)

今回は、発酵段階ではぎりぎりのところでふたをし、
焼く時は、最後の5分くらいはふたを外しました。

オーブンも使いようだなあ、
なんとか買いかえなくてもうまく行くかも。
でも回っている間じゅう、変な音がするのが
多少シンパイだ。
[PR]
by platform_life | 2009-09-10 21:39 | 日々のこと

あさがお 違う色

いままでと違う色の朝顔の花が咲いた。
朝日にあたってとてもきれいだった。
f0000172_1912665.jpg

おんなじ種だけど、微妙に花の色が違っている。
ちなみに、土もおんなじのを使っている。

違いと言えば、
前の薄い色の花は、プラスティックの鉢
今回の濃い花は、素焼きの鉢ということ。
あと咲いた時期が3週間くらい遅いことだ。

まだまだ頑張ってつぼみをつけてくれている。
なるべく早起きして全部の花を見届けたい。
[PR]
by platform_life | 2009-09-07 19:06 | ベランダ・屋上菜園

農業体験その1

f0000172_22492789.jpg
地域でやっている農業体験教室に参加した。
場所は、住宅地の真ん中にある畑。
地元の若手農家の方々が指導してくださって
今日は金時にんじん、聖護院だいこんの種まき、
九条ねぎの植え付けをやった。

よい天気だったので
腕も首回りも真っ赤に日焼けしてしまった。

これから収穫まで月に1度集まって、作業をし、
最後には地元フレンチレストランのシェフが
収穫した野菜で料理をふるまってくれるとのこと。
それも(それこそが?)なにより楽しみだ。
[PR]
by platform_life | 2009-09-05 22:50 | 日々のこと

『奇跡のリンゴ』

f0000172_22495953.jpg
奇跡のリンゴ』という本を図書館で借りて読んだ。
リンゴの無農薬無肥料での栽培に成功した
木村さんという青森のリンゴ農家の人の話だ。

最近、無農薬野菜という言葉を良く聞くが
リンゴに関しては不可能だと言われていたのだそう。
なぜなら、農薬散布を前提として品種改良が行われて来たから。
(リンゴの原種は渋くて生では食べられないらしい。)

木村さんがなんて無農薬に取り組もうとしたかというと
たまたま本屋さんで別の本を棚から取った時
横にあった本が一緒に落ちてしまった。
それが「自然農法」の本だったという
そんなエピソードもおもしろい。

凝り性の木村さんは、8年もの歳月をかけて
無農薬のリンゴ栽培を実現させた。
害虫がよその畑に飛来するという理由で
村八分になったり、いろいろ苦難はある。

でも、ただのサクセスストーリーじゃなく
食べるということや、農業のありかたとか、
色んなことを考えさせられた。
かなり素敵な本だった。

ところで、木村さんのリンゴはやはり、めちゃくちゃ美味しいらしい。
読んでたら、どうしても美味いリンゴが食べたくなって
近所のスーパーで一番高いリンゴを購入。
いま部屋中にいい香りが漂っている。
[PR]
by platform_life | 2009-09-03 22:53 |