宿マニアの旅。愛知編

愛知&長野方面を目指し、車をかっとばして旅に出て来ました。

唯一、宿だけはかなり前から決めてましたが
それ以外はかなりのノープランで、
「どこに行くの?」とまわりに訪ねられては
自分でもよくわからないという状態でした。。
でも、なんだかんだで、充実した旅になったような気がします。

最初の宿は、愛知県の足助という古い町のはずれにある
百年草というところでした。
f0000172_20541855.jpg

ここの宿にはフレンチレストランが併設されていて、
夕飯はそちらでいただきました。
失礼ながら田舎の、しかも自治体が運営してる宿とは思えないほどの、
素晴らしいお料理&サービスでした。

私が食べたお料理は、ウエブにも載ってますが・・こちらです。

・オードブル(ミニピザ)
・マグロとホタテ貝のタルタルのパンケーキサンド
・鮎のカダイフ(春雨を揚げたみたいなぱりぱりしたもの)包み揚げ
・人参とオレンジの冷製スープ(コンソメゼリー入り)
・鱧の雑穀詰め焼き
・自家製デザートの盛合わせ
・パンとコーヒー

どれもこれも凝っていて、ほんとに美味しかったです。
ランチョンマットとして使われていた
手漉き和紙に本物のもみじが漉き込んであるのがきれいで
持って帰ってもいいか、と図々しく頼んだら
どうぞ、これで巻いてくださいと、輪ゴムまで持って来てくれました。

レストランだけでなく、パン屋とソーセージ屋さんもあり、
どちらも地元で人気なんだそうです。

お部屋にはテラスがあって、すぐそばを流れる小川をのぞめます。
f0000172_20524660.jpg


宿の近くには、紅葉の時期になると観光客がたくさん訪れる
香嵐渓という名勝地があります。
ここは小さな山になっていて、山野草の宝庫。
かわいらしい花がちらほら咲いていました。
f0000172_20574921.jpg
f0000172_20575996.jpg


次に向かったのは木曽路の、赤沢自然休養林。
次の日記で、書きます。
[PR]
by platform_life | 2009-09-15 21:01 | 旅行
<< 宿マニアの旅。長野編 山の中、せせらぎの音 >>