北東北の旅:5/18十和田湖へ

先週末は,北東北2泊3日の旅に出かけた。

東京駅8:30時頃発の東北新幹線「はやて」で青森へ。東京から仙台あたりまでは晴れていたのに,北上するにつれてどんより暗い空になってきた。八戸駅には11:30に到着。うっすら霧雨が降っている。

駅前を出発する十和田湖行きのJRバスに乗り換える。車窓はすぐに田舎景色になる。ひたすらタンポポの群生。遅咲きの桜。サーモンピンクの大きなつつじ。緑、緑、水田。
f0000172_0525871.jpg

☆写真↑十和田湖畔にほんの少し咲き残っていたソメイヨシノ。

バスに乗り、2時間くらいすると焼山という奥入瀬渓流の入り口を通過する。そこからは渓流沿いの車道を走る。白い水しぶきと,新緑が,車に乗ったまま見られるというのは便利なんだけど、何だかお手軽すぎる気も。中年ご夫妻は、渓流の半ばあたりでバスを降りて遊歩道を歩きはじめた。私たちは明朝歩く予定なので、下見程度に眺める。

奥入瀬を過ぎ、目の前にあらわれた十和田湖は、思ったより広かった。旦那と「海だ!」と騒ぐ。観光地化されておらず、野生の湖という感じ。しかしながら天候は悪化の一途をたどり、湖畔に近づこうものなら、強風で傘がひっくり返ってしまう。
f0000172_0544088.jpg

☆写真↑コーヒーショップより湖を望む。晴れたらきれいなんだろうなあ。この先に桟橋があって、そこをステージにバイオリンの演奏会をしたりするらしい。

やむを得ず、湖畔のコーヒーショップで、ココアとアップルパイをたべながら荒れ狂う湖上を見つめたあと、すぐに宿へ入った。部屋の窓からは雨にぬれた新緑と、うすぐらい湖が見える。東京駅で買った金原ひとみの「アッシュベイビー」を読みながらのんびり過ごした。

明日は晴れますように。と願いつつ。
f0000172_0564093.jpg

☆写真↑宿の部屋からみた十和田湖。二日目朝。雨が小振りになったので、宿泊客も傘をさしてうろうろ。
[PR]
by platform_life | 2007-05-24 01:00 | 旅行
<< 北東北の旅:5/19奥入瀬〜谷... 『フィッシュストーリー』伊坂幸太郎 >>