NY旅日記・最終日 7/16

7/16(月)
すでにヘトヘトの最終日。美術館をはしごしたせいか,腰が痛い・・・。体力の限界を感じつつ,さいごの力を振り絞って宿を出た。

まずは自由の女神を見に行くことに。マンハッタン半島の先端のサウスフェリー乗り場からスタテン島というところにいく無料のフェリーが出ている。このフェリーに乗れば,海上に浮かぶ女神を眺められる。
f0000172_23525625.jpg

女神は思いのほか,かっこよかった!

往復1時間の船旅を終え,歩いてワールドトレードセンター跡地へ。フェンスに囲まれたその場所は,ふつうの工事現場と何らかわりない。だけど,亡くなった人たちの名前が刻まれたボードを見たとき,急にヒヤリとした。1人1人の名前を目で追っていると,その重みが急に迫ってきたのだ。
f0000172_23543040.jpg
f0000172_23544077.jpg
f0000172_23545383.jpg
☆ワールドトレードセンター跡地近くで見つけた彫刻たち。
上:イサムノグチ作「RedCube」
真ん中:ONE CHAISE MANHATTAN PLAZAというビル前のパブリックアート
下:青銅の牛の彫刻。観光客に大人気で、写真を撮るのも順番待ちだ。

その後,地下鉄に30分ほど揺られ、クイーンズへ。駅を降りると、マンハッタンとは違う生活感のある街が広がっていた。

クイーンズでの目的は「P.S.1コンテンポラリーアートセンター」へゆくこと。ここ
は,廃校になった小学校舎をリノベーションした建物で,随所随所にその名残があって(扉のノブ。階段など。)面白い。
f0000172_23554732.jpg
☆かつて校庭だったと思われる場所に、ピンク色のビニールがはためく大きなオブジェが。

この美術館は大きな建物で、全部みるのに1時間以上かかった。部屋を覗くたびに違った作家の展示があり,文化祭的な楽しさがある。

地下には、洞窟のような、薄暗い展示室があり、客も全然いないのでちょっと恐かった。おそるおそる見ていると、突然後ろから人の気配が。振り返るとさっきまで外にいた監視係の男性がすぐ後ろにいる。いくら監視とはいえ近すぎる!!距離を取ろうと退くと、その分近づいてくる。恐いよ・・・。何の作品か分からぬまま、早々と地上へ戻った。

普通監視係と言うと同じ場所にいるもんだが、ここの監視係は客があまりいなくてヒマなのか、そういう任務形態なのか、館内を自由自在に歩き回っている。ので、ひとりでぼーっと作品を見ていて急に監視係が横に来て驚くことが何度かあった。

思えばNYではほかの美術館でも、ニンテンドーDSをやってる人や、お客さんと雑談してる人などを見かけた。暇でしょうがないっていうのがありありと見え、なんか自由だなあと微笑ましくも思ったのだ。
f0000172_23584015.jpg
☆PS1のカフェ&ブックストア。カフェで食べた「トマト、モッツァレラ、レタスのフォカッチャサンド」は芸術的な美味しさだった。パンにバジルソースが塗られているのが絶妙。
f0000172_23591497.jpg
f0000172_23592591.jpg
f0000172_23593364.jpg
☆夕方はラストスパートとばかりに、SOHO、イーストビレッジを早歩き。次回はこの辺りをじっくり見たい。

<最後の感想>
NYは、「洗練された大都会で、大人の街で、高級で」っていうイメージがあって、わたしなぞが行って、大丈夫かな(気後れしまいか?)と思ってたけど、ぜんっぜん楽な街だった。どんな格好で歩いてても、ぜんぜんOK(ってわたしだけが思ってるかも?)。歩けば歩く程肩の力が抜けてゆく気がして、とっても心地よかった。今思っても不思議な感じだ。
いずれまた訪れたい。
[PR]
by platform_life | 2007-08-03 00:04 | 旅行
<< 近頃、はじめたこと。 NY旅日記・4日目 7/15 >>