木藤純子/山口智子展@ギャラリー小柳

木藤純子/山口智子展
ギャラリー小柳
http://www.gallerykoyanagi.com/
2007/8/7〜9/8

f0000172_07430.jpgとうとう昼休憩を利用して銀座のギャラリーまで行ってしまった。お昼はギャラリー近くでささっとすませて、じっくり作品を観て、1時間ちょっとで戻ってこれた。今後はこのパターンで銀座ギャラリーを攻めるべし!

で、この二人展、とても良かった。入り口入ったところの大きなスペースには、山口智子さんの少女をモチーフにした絵がたくさん展示してある。少女といっても、メディアや、絵の中で、描き尽くされてきた男性視点の少女像はそこにはない。幻想的でもなく、甘くもなく、ごく日常的でニュートラルな表情が描かれている。

描かれた少女たちを観ていて、思い浮かんだのは「蒼井優」。けっして媚びない、かといってつんけんしてるわけでもなく、少女時代特有の不安感と真っすぐさをあわせもつ・・・それが彼女の魅力だと思うけど、ここに絵かがれているのもそんな子たちだった。女性はシンパシーを感じると思う。男性はこういうのを観てどう思うんだろう。

木藤純子さんの作品は、真っ暗な部屋に仕掛けをつくったインスタレーション。これから観る人のために、詳しくは言えないけど、美しかった・・・。あの部屋は一人で入るのがいいと思う。暗闇の中に微かな明かりがあるのって、完全に暗いよりも恐い、という不思議発見もあった。<画像はギャラリー小柳のサイトより>
[PR]
by platform_life | 2007-08-30 00:09 | アート
<< New Yorkこぼれ話☆マナー 「メルティング・ポイント」展 >>